僕は現在いくつかのアルバイト的なもので収入を得ています。
その中に、「ウクレレ講師」という肩書きになるものを勤めさせて頂いていますが、そのウクレレ教室も来年の2016年いっぱいまで、と生徒さんに告知させて頂きました。

僕は2017年11月19日までには現在の地元栃木県佐野市からは出て他の地に移住する、という事を決めています。それなので、そう移住の予定がはっきりしているのにも関わらず、間際にいきなり「移住するのでこのウクレレ教室も今月限りとなります」というのも、 そりゃないだろーな話しなので、お伝えさせて頂きました。


その時の決まり文句として、

「仕事の都合で引っ越す事となっているのです(おそらく九州)。」 


と添えさせて頂きました。
それで生徒さんからの反応は、

「引っ越さなければならない仕事って何なんですか?」


というようなお返事が多かったです。
そこで僕は、事細かくわりと長文でお返事してしまった生徒さんもいましたが、お返事出している途中にある職業の事だけ伝えればいいのかなと思い、その「引っ越さなければならない仕事」として、

「ブロガーです。」

と答える様になりました。
そこで、生徒さんの中には応援のメッセージを送ってくれた方もいました。これは嬉しかったです。
その他、「代わりの講師はいないのか」というお返事も頂いたので、出来るだけ対応したいですが、ちょっと先な話しで、見えないところが多いので、そのアンテナだけ張っておこうと思ってます。



移住は表現のひとつ。
それならば絵や音楽と一緒でしょ。

僕にとっての移住、それは音楽でいえばコンサートです、ライブです、表現です。僕にとってはそう考えると一番捉えやすいのです。
音楽をやるって事は、その練習をとってみても、一度しか流れることのない時間、楽器と過ごしているその時間は人生を懸けている事と一緒です。そして、ライブ予定等を立てて表現する。そしてその表現の仕方にはライブ等だけでなく、音源とか形にしたりと色々な方法があると思います。

移住だって一緒に思うのです。人生を懸けて移住をする。そしてその為に出来る限り色々検証してイメージして、その為に時間を費やす。そして、僕の場合は移住の予定を決めました。これほんと、音楽ライブと変わらない感じに僕は思っています。

そこで、僕が僕自身の強みに感じている事は、僕が「一般人」であるという事。僕は僕と同年代の人達より、収入とかでいったら、はっきり言って稼いでいない方であろうと思っています。まぁ僕はあまり稼ごうともしていなかったのですが、これは現在更正中です。
でも、それは強みになると思ってます。そこでそんな稼げていない奴が「自分が住みたいところ」に移住出来たら、それはかなりインパクトのある表現になると僕自身思っています。
逆に年収1000万円とか、稼げる力のある人なら移住なんて簡単ですよね。ま、仕事内容にもよるとは思いますが。



さて、移住というコンサート、どうなるか。
全く分かりませんね。僕の人生になかったですもん。自分が住みたいところに移住する、なんて。
そして、僕のこの移住が上手くいってもいかなくても、この移住の表現に感化されて何かしら行動してくれる人が出てきてくれたなら、僕の移住のコンサートは大成功に思います。

これは音楽のコンサートとほぼ一緒にも思います。
僕が音楽が好きになれたのも、ギターを知れたからなのです。そしてそのギターを知れたきっかけは、友人が僕の目の前でエレキギター表現したからなのです。


移住を表現する事の出来る「ブロガー」という職業は僕は成り立つと思うのです。

でも、ガチで取り組まないと勤まる職業ではない事は、ちょっとずつ(未だに)実感してきました。汗



隆!移住期限まであと1年11ヶ月だぞ!
26



栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム