2015年の年末に初めて新島に行きました。
その時の模様、釣行記はこちらにまとめてあります→「2015年年末、2泊3日の新島遠征釣行記、16記事まとめと気付いた事。

その時に、やっとの事でしたが、釣行最終日に44cmのヒラメを釣る事が出来ましたが(参考釣行記)、やはり下調べ不足だったと感じています。なので、その時の釣行を振り返ったり、色んなサイトをグルグル回ってます。



離島なんて、1年で数えられる位しか行けない場所。
飛行機を利用すれば1泊2日の釣行もアリだとは思いますが、せめて、丸一日釣行が1回は出来る2泊3日での釣行期間にしたいものです。そうなると、なかなかそれだけ連続した時間を確保するのって簡単ではないと思います。僕はそう強く感じています。
なので、実際にその機会を作る事が出来た時こそ、充実した時間を過ごしたいものです。



だからこそ、徹底的に調べてます!
そこで書いた4記事がこちら。

新島にルアーでヒラメやヒラスズキを釣りに行くなら必見の5つの動画と、それらから参考にしたい4つの事。

ルアー釣りに新島に行くなら是非チェックしておきたい釣り日記。

新島の釣り情報でこりゃ外せない!ナイスフィッシュがたくさん並ぶパワフルサイト発見!そしてその活用法。

冬の新島での釣り、ヒラメ&ヒラスズキ狙いでのサーフにて最南端へ向かうなら、装備&携行品は万全にしよう。




この4記事の中のリンクで参考にしている2サイト。
釣果情報では、
1:「http://niijima-marine.sblo.jp

2:「http://blog.livedoor.jp/jigohei/

この2つのサイトを良く見ています。(1:)の方のサイトではちょこちょこ更新があるので、リアルタイムまでとはいかなくても状況を把握するのに参考にしてます。実際に新島に釣りに行く近くになったら毎日でも更新を確認しておきたいサイトです。
そして(2:)のサイト。更新は頻繁にある時としばらくない時とあるのですが、更新されるものはパワフルな釣果記事がほとんどなのです。しかも過去の記事もたくさんあり、とても参考になります。これは実際に新島に釣りに行く時期と魚種を照らし合わせてこのサイトの記事を参考にしたいです。そして、記事の中にはプロアングラーの姿もあり、装備や釣れているルアーなどの画像もあるので、それらも時期や魚種、中には釣りポイントも伺える写真もあるので、是非一読される事をおすすめします。



参考にしてて変わった事。
IMG_9641
ルアーへの意識が変わりました。
近ごろ購入したルアーや、2軍ボックスに入ったままで実釣にはほとんど持ち歩かなくなってしまったルアーも、「これ、良いかも!」と1軍(実釣で持ち歩く)ルアーにしようと思ったものもあります。

色への意識も変わりました。
これまで、僕はあまりキン系やチャート系の色はマルスズキ以外ではあまり使ってきませんでしたが、新島での釣り情報を仕入れる度にどんどん変わってしまいました。

意外に新島、ハイプレッシャーな釣り場かも。だから…
離島と言えば、あまり釣り人がいないだろう、と思いきや、羨ましい釣果情報ばかり見るとわりと釣り人はいるんだなという印象を受けます。しかも凄腕な人が多数。
だから、そこに居る魚たちはたくさんルアーを見ているのだろう…
だからこそ僕が感じる事が、「ハイプレッシャーな管理釣り場のトラウト釣りみたい」です。なので、魚たちが意識するルアーもピンで変わってくるのではないかと思うのです。好きな色かたち動きもあれば、嫌う色かたち動きもある。同じ場所で何度もルアーを通し、スレさせてしまったと思いきや、違うルアーを通したら釣れた、なんて事は大いに予測してしまいます。なので、所持するルアーには更に意識する様になりますね。でも何かと荷物制限のある実釣では気になるルアーを全部を持って行くわけにはいかないでしょう。選び抜かなければなりません。
また、それも面白いところだとは思いますけどね。


釣りに行けない日常で、離島を思い、自分の釣りが変わる。
着々と準備を進めてます。




関連品







栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「まとめ記事

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム