僕は2015年5月に「「移住する日を決めちゃえば?」という人が現れた。あなたならどうする?僕は決めたよ!」という記事で告知しましたが、今年2017年の僕の誕生日11月19日までに移住する事を決めています。


それで、移住計画を進めていたら、ある事に気付きました。
39

移住って、断捨離と密接。
物の断捨離。
移住計画を進めていたら、自分の持ち物にとても意識が行く様になりました。
当然の事に思います。
移住する時、今持っている荷物を全部、宅配会社等を利用して移住先に送る事も出来なくもないですが、その時にもう使わなくなったものまでも送ったりするのはとても良い選択とは僕は思えません。
やはり使わなくなった物は、自分の元から離す、もしくは使ってくれる人が居ればその人の元にある方が良いなと思います。
そういう事もあり、僕はまず衣類の処分を少しずつではありますが進めています。これは記事にも書きました。
参考記事「家の中を軽くと、キングファミリーで服を売ってみた。


人間関係の断捨離。
移住するんですから、人との別れも当然起きますよね。
実際仕事も徐々に縮小、辞めていってます。
参考記事「移住期限が近づくに伴い、ひとつ仕事を辞めました。(ウクレレ教室講師)


物の断捨離する様になって気付いた事。

・見極めが早くなった
衣類等を処分する事から僕は始めましたが、それを重ねる度に僕にとって必要かそうでないか、その見極め、決断が早く鋭くなった様に感じています。

・良い物を選ぶ様になった
ここでは捨てる話題ではなく、入手する話しになってしまいますが、何か物を買う時に本当にそれが自分にとって必要なのかどうか、よく考える様になりました。結果、良い物を選ぶ様になったと思います。



人の断捨離する様になって気付いた事。
・「未来」がある事に甘えず「今」を見る様になった
この人と付き合っていたら何か良い事あるかなぁ、仕事くれるかなぁ、などなど、人との繋がりって、その人と居る未来のメリットをどことなく抱いているものに思います。
でも、僕の場合の様に移住してしまうなら、その可能性はグッと減りますよね。まぁ現代はネットで繋がっていられますが、物理的な距離って大きいと思います。
今現在僕は、移住計画を進めるにあたって、仕事を縮小したりしています。その時に起きる別れを何度か目の当たりにしてきましたが、もう会えなくなるんだ…と思い浮かべると、より「今」を思う様になりました。
別れてしまうのですから、また今度ね…、と、その人との次(未来)に甘えられません。
だからこそ、その人、との「今」を大切に思う様になりました。



移住での断捨離、極端だけど良い形に思う。
僕の場合、断捨離したかったわけじゃなかったのですが、移住計画を進める事により、結果断捨離する事となっていました。
移住での断捨離はちょっと極端ですが(本当は物理的にも近くに居たい人が居るのにそれもきっぱり切っちゃうわけですから)、一旦どっかり座って独り自分自身を見つめ直すにはとても良い形の断捨離だなと僕は思っています。



最後に、この記事を書いていて、思い出した曲。


冒頭の方の歌詞で「いつか来るお別れを育てて歩く」が猛烈に響きました。



 


栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム