ショアからブリ、ヒラマサ、カンパチ等の青物狙いで使うミノーの特性
  1. 青物と言えばメタルジグでのジギングが直ぐに浮かびやすいが、ミノーはただ巻き、トゥイッチ、ジャーキングとアクションが豊富で、メタルジグでのジギングにはないアピールが出来る
  2. メタルジグでのジギングは釣り人の身体への負担が大きい。が、ただ巻きでも充分アクションしてくれるミノーの使用は、魚を狙いながらも釣り人の身体を休める手段ともなる。
  3. ミノーならペンシルでは通しにくい表層から下のミドルレンジを通しやすい
  4. ショア付近にいるベイトの幅は広い(3〜20cm)事から意識するミノーのサイズも幅広くなる。
  5. 4.の事と装着出来るフックのサイズ&強度から、使用ミノーのサイズは9〜20cm、重量は20〜80g前後か。
  6. 飛距離が出せないと使い物にならない。飛ばないにしてもせめて30mは飛ばしたい。
  7. ミノー特有のリップがキャスト時の空気抵抗になると考えられ、ペンシルよりは飛距離が劣る事が多い。もちろん、メタルジグよりも飛距離は劣りやすい。

ショアから青物を狙う際のミノーの特性として、パッと思い付くのはこんなところでしょうか。



特性から判断出来るミノーの大きな利点。
僕自身、ミノーを使う事の何より大きいと思う利点は、「ただ巻きでも充分釣れる」事です。
ほんとこれ、大きい利点ですよ。僕は実際にミノーのただ巻きで90cmオーバーのブリを釣った実績がありますし。
また、青物狙いなら絶対に外せないメタルジグでのジギングをする事が多いですが、狙う魚はやはり大きくなるもので、使うメタルジグも60g〜100gとなる事が多いです。でもその位の重さのメタルジグでジギングをしていると、数十分で身体が疲れます。いや10分も保たない時がありますね。特にロッドを持っている方の腕。
そこでミノー、メタルジグより飛距離が出せないとはいえ、ロッドを持っている方の腕を休めながらも出来るただ巻きでも充分に釣れる事はかなりの利点に思います。



現場でのミノー選びで意識している事。
  1. カラーはナチュラルカラーで充分(僕自身ナチュラルカラーしか使っていません)。
  2. ベイトに合わせたサイズを。
  3. 意識する潜航レンジは水面付近、水面から50cm、1m、それ以下のミドルレンジ。
  4. リップの形状により潜航レンジ、飛距離、アクションを左右する事を意識する。
  5. 重量により飛距離と潜航レンジを左右する事を意識する。
  6. アクションが派手めなものから使い始めた方が活性の高い魚から効率よく釣る事が出来る事が多い。
  7. 現場の状況から傾いた意識に頼る。

僕は以上の事を意識し、使うミノーを選んでいます。

そこで今回は僕にとってそれらの意識する事に特に応えてくれている、1軍のショア青物ミノーをご紹介します。



目指すはメーター!ブリ、ヒラマサ、カンパチ等の青物狙いには絶対外せないミノー!おすすめ5選!

1:ブリを釣った実績ある高飛距離ミノー
120mm約48g固定重心。
僕自身91cmのブリを釣った実績のあるミノーです(参考記事)。
とにかくよく飛ぶミノーです。細身のシルエット、そしてリップの形状がキャスト時の空気抵抗を受けにくい様な形状だからなのか、キャスト時の飛行姿勢が決まるときが多く、この5選の中で3番目の重量なのですが、一番飛ぶ印象を僕は持っています。
それとそのリップの形状はシャロー向きな感じの形状なので、サーフ等でも充分使えるものに思います。

2:派手なアクションが心地よい高アピールミノー!
140mm29g重心移動システム搭載。
僕自身89cmのブリを釣った事のあるルアーです(参考記事)。その他、僕にとってこのミノーの使用期間が長い事もありますが、この5選の中で一番の青物の釣果を出しているミノーでもあります。まぁ、その青物のサイズは60cm前後が多かったですけどね。
また、この5選の中で一番軽いミノーなのですが、その軽さもあってか、アクションがとても派手でアピール力が抜群な印象を僕は持っています。

3:どん深の場所での高重量ミドルレンジミノー!
120mm約75g固定重心。
この5選の中で一番重量のあるミノーです。
重量が約75gで、リップが長い事もあって、目の前から水深のある場所では特に使いたくなるミノーです。何かと竿抜け(未チェック)になりがちなミドルレンジを探るには持ってこいのミノーです。

4:小さいくせによく飛び良く動く小サイズ高重量ミノー!
90mm42g固定重心。
やはり小型のミノーは外せません。この5選の中で一番短いサイズのミノーです。
でも小型の90mmとはいえ、重量は42g。固定重心ですがよく飛び、充分に青物狙いで使えます。
ベイトが小さい時や、ベイトが確認出来ない時、また、青物が居ると判断出来るのになかなかヒットしない時とかには使いたくなる小さいサイズ。その思いに応えてくれるミノーです。

5:サイズ&重量&リップ&シルエット共に高バランスミノー!
140mm51g重心移動システム搭載。
最近になって使い始めたのですが、かなり好印象なミノーです。投げ続けるなら前述した「1:」か「2:」のミノーかなと思っていましたが、「1:」よりは飛ばせないけどよく動き、「2:」よりは動かないけどよく飛ぶ感じ、とこのミノーのバランスが絶妙なので、今後このミノーの出番が増えそうに感じています。



ミノーも青物狙いスタンダードへ…
青物、といったらメタルジグでのジギングが何かとスタンダードな感じがしますが、僕はそのジギングではなかなかヒットしない中、ミノーに変えたらヒットした、という事は多々経験しています。
メタルジグには反応せずミノーには反応する青物が居る、という状況もあると僕は判断しています。
そこで是非おすすめしたいミノー、ピックアップしてみました。
image
5選ミノー商品リンクまとめ
1:「タックルハウス(TACKLE HOUSE) ルアー CONTACT BEZEL.48G No.7 イワシ
2:「エイムス アローヘッド 140S
3:「タックルハウス(TACKLE HOUSE) ルアー CONTACT FLITZ.75G No.07
4:「タックルハウス(TACKLE HOUSE) ルアー CONTACT FLITZ.42G No.07
5:「タックルハウス(TACKLE HOUSE) ルアー K-TEN BLUE OCEAN BK140SW No.RS14



おすすめロッド。 
キャスト時、ミノーはメタルジグよりも空気抵抗が多い為、わりと硬めなロッドでないと投げれません。
ダイワ ロッド ジグキャスター MX 106MH
ダイワ ロッド ショアスパルタン 100H
★2017 REBORN★YAMAGA Blanks (ヤマガブランクス)BlueSniper(ブルースナイパー)100MH

おすすめリール。 
釣り人本人の集中力や体力を切らせない為にも軽め、でも相手が大物になる事も可能性大なのでタフなものを。
ダイワ リール 16 ブラスト 4000H
ダイワ リール 16 セルテート HD 4000SH」 
ダイワ リール 16 キャタリナ 4000H
ダイワ(Daiwa) リール 17ソルティガ BJ スピニングモデル 4000SH

おすすめライン。 
太さは2号〜4号を選びたいです。
僕にとっては2.5号をレギュラーに思っていますが、より飛距離を出すなら2号です。でも2号より細いのはおすすめしません。
3号、4号は大型の魚が居るのが判断出来る時に予備スプール等に巻いておく様な使い方を僕は意識しています。
そして太くても4号でしょうかね。5号とかになると重量のあるミノーでないと飛ばせなくなるでしょう。
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号」 
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2.5号
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 3号/50lb
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 4号/60lb

おすすめリーダー。 
レギュラーは12号。魚が居ると判断出来た場合は18号くらいまでを想定しています。  
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 49lb 12号
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 57lb 14号
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 68lb 18号」  

おすすめルアー結束。 
頻繁にルアーチェンジするならスナップ。 
ヤマリア(YAMARIA) ファイターズ スナップ #2」 
確実にモノにするならリング系。 
シャウト! 74-PR プレスリング 5」 
シャウト! 74-PR プレスリング 6」   
Dohitomi(土肥富) odz OS-06ハイパープレスリング SW 5
Dohitomi(土肥富) odz OS-06 ハイパープレスリングSW 6」   

ランディングネットも是非。 
ダイワ 玉の柄 ランディングポール2 60」 
ルナヒサノ 玉網 ステン玉枠セット 網付 60」 
昌栄 フレックスアーム VerII チタンカラー No.755-3




栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム