53
僕、釣りキチ隆は実は即応予備自衛官(http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/sokuou/)だったのですが、2017年3月(正確な日付は忘れましたが中旬頃です)に退職しました。
理由として、丁度任期だったからという事もあるのですが、大きく関わったのは移住をする予定をしたからでしょうかね(移住計画の関連記事)。それにより、訓練に参加する余裕が無くなったからです。
因みに、即応予備自衛官よりも訓練日数が少ない予備自衛官に在籍する事も可能だったみたいですが、どこかきっぱりしたい気持ちがあり、予備自衛官にも在籍する事なく、きっぱり退職する事にしました。


はい、釣りキチ隆、以前は自衛官でした。
思い返せば、22歳の頃の事です。
その頃の僕は音楽というかギター小僧で、地元栃木県ではバンドもやっていて多い時は月10本もライブをやるバンドマンでもありました。でも、そのバンド、音楽では僕はほとんど稼ぐ事は出来ずにいました。いわゆるフリーターでしたね(今もそうですが)。
そこである日、そんな僕に親が自衛隊を受けてみたらと言いました。そこで僕はそんなに拒む事なく、何故か少し気が傾いたものあり、知り合いを通じ自衛隊の広報官の人を紹介してもらいました。
でもやっぱりギター小僧、その広報官に自衛隊に入ってもギターを弾く時間があるのか訊ねると、ある、と答えてくれたので、それならばと受けて、難なく陸上自衛隊の試験を通過しました。
そして入隊の日、手荷物は1つでと言われてたので、僕はギターケースにアコギと日用品や着替えを入れ、言われた通りにギターケースの手荷物1つで駐屯地に行きました。

こんな風に始まった僕の自衛隊生活でした。
はい、もちろんの事、入隊初日からギターなんて弾ける空気なんて感じられませんでした。
そこで入隊して3日経った頃(いや2日目だったかもしれません)に僕は辞める事を上官に伝えました。でも上官はもう数日やってみろという事を言いました。
じゃあ1週間くらいかな、と言う時に事件が起こってしまいました。
体育で僕はなんと右手の小指を骨折してしまったのです。それは確か入隊して5日目の事だったと思います。
僕は、自衛隊を辞めても、結局ギター弾けないなぁ、と思いました。
それなので、この指、治るまでここに居てやる、と決意。 自衛官を続行しました。

そして、指の痛みもなくなったのが大体入隊してから3ヶ月が経った頃でした。
そしてその3ヶ月経った頃、僕は北海道の方に飛ばされました。
もうこれは、と思った僕は今度こそ辞める決意をしました。
でも、この時会った同期の隊員や上官が良い人で、また、もう少し頑張ってみろ、と数ヶ月続きました。
僕、すごく情に流される感じでしたね。
数ヶ月もそんないい人と居れば情も出てきます。流されました。

でも僕は北海道に飛ばされても、栃木県で活動していたバンドは続けていました。
自衛隊では無理を行って連休をとり、飛行機も利用して栃木に帰ってきては、リハをやってライブをやって北海道に帰る、という事を月1回はやっていた感じですかね。
でも、やはりそれでは前に進めない、と、入隊してから1年半くらいで自衛隊は依願退職しました。
が、予備自衛官制度というのがあるのを知り、それには在籍していた感じです。
確か即応予備自衛官は10年近く在籍していたと思います。

僕、自衛隊、好きだったのですかね〜。
よく聞かれる、匍匐前進、やりましたよ、もちろん。銃も撃ちましたし。





そんな色々あった自衛隊生活、僕はここでピリオドを打つ事にしました。
まぁ、自衛隊関係にはピリオドを打つにしても、そこで出会った人達とは完全に切れるわけではありません。一緒に訓練とかをする事は出来なくなりますが、また違った形で関われるのではないかと思っています。 

お世話になりました! 


栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム