ショアから青物狙いでのルアー釣り、使うルアーとして、メタルジグと並んで出てくるのが、ペンシルタイプのルアーではないでしょうか。
今回はそのペンシルの中で、シンキングペンシルに的を絞ってまとめてみます。


ショアからの青物狙いで使うシンキングペンシルの3つの利点。
  1. メタルジグの次くらいに飛距離が出やすい形をしている。
  2. メタルジグでは到底出せない動きを演出出来る。
  3. シンキングタイプでもわりとシャローも通せて使用用途が広い。

1.メタルジグの次くらいに飛距離が出やすい形をしている。
舞台はショア。やはり飛距離が出せないとお話になりません。
そこでシンキングペンシルはミノーの様にリップがない為、空気抵抗も少ない事が考えられ、飛行姿勢が決まる時が多く、もちろんの事飛距離も出しやすいと判断出来ます。これはシンキングペンシルの利点として、大きなものに思います。何だかんだ飛距離の出るメタルジグですが、それに反応してくれない魚ももちろんいるでしょう。そこで飛距離の出しやすいシンキングペンシルの登場です。

2.メタルジグでは到底出せない動きを演出出来る。
ただ巻きでも良い動きをしてくれるものもあります。フォール中にアクションしてくれるものもあります。これで飛距離が出るのですから使わない手はないです。

3.シンキングタイプでもわりとシャローも通せて使用用途が広い。
ルアーをかなりのスピードで巻いてきても青物はヒットしてくる事も少なくありません。なので、シンキングペンシルでも速めに巻けばトップ付近を探れますし、探る価値ありです。
つまり、シャローから数メートル下のレンジまでこのシンキングペンシルでカバー出来る事が言えます。出来ない事と言えば、トップをゆっくり引いてくる事、くらいではないでしょうかね。それはフローティングペンシルに任せるとして、それ以外のあらゆる釣り方がこのシンキングペンシルで出来るという事です。
なので、持っていて損はないというより、持っていた方が良いというレベルに思います。



では、行きます。
僕が今現在使っている青物用のシンキングペンシル、5つをピックアップします。

ショアからブリ、ヒラマサ、カンパチ等の青物狙いには定番かつ使用用途の広いシンキングペンシル!おすすめ5選!

1.飛距離最高!「オシア ペンシル 115XS」
115mm60g。115mmとコンパクトなシルエットで60gもあれば当然の事、すごい飛距離が出せます。この5選の中で一番飛距離が出せる印象を僕は持っています。抜群な飛距離、それだけで魅力的です。


2.小さくてもよく飛びよく泳ぐ!「ぶっ飛び君95S」
95mm27g。何だかんだ、僕自身これで結構釣ってます(ワラサクラスですが)。
この5選の中で一番小型かつ軽量なペンシルなのですが、キャスト時の飛行姿勢が決まる時が多く、軽さに負けない飛距離を持っています。また、その軽量さ故のアクションがあるという事も注目しておきたいポイントです。


3.飛距離も充分なのにシャローをわりとゆっくりアピール出来る!「かっ飛び棒130BR」
130mm38g。下手したら、足場の高いところならトップも引いて来れるシンキングペンシルです。前述した「ぶっ飛び君95S」と同じ製作メーカーで、流石の飛行姿勢と飛距離を持っています。重ければ動きに機敏さが無くなり、軽ければ飛距離が出ない事が考えられますが、このペンシルは絶妙な重量とシルエットのバランスだと思います。このペンシルならではの動き、使える時は少なくないはずです。


4.フォール中もアピール出来るってすごい! 「オシア サーディンボール」
140mm59g。このルアーを発見した時はビックリしました。メーカーからもこのペンシルの説明で「水平フォール&フォーリングバイブレーションを両立させる…」とあります。すごい機能に思います。フォールさせている時もアピール出来るって、何か無駄な時間を無くせる感じです。本来はオフショア用のペンシルの様ですが、これはショアでも充分使えるものでしょう。


5.ブテッとしたシルエットと音でアピール! 「ブリット 120SW」
120mm65g(フック無し状態)。この5選の中で一番重いです。でも1:に上げた「オシア ペンシル 115XS」とそこまで重さには大差はないのですが、このルアーはシルエットがより太くブテッとしています。また、このルアーは振ると分かるのですが内部にあるオモリが動く音なのかカタカタと音がします。因みに「オシア ペンシル 115XS」はほぼ無音です。
それらシルエットの違いとオモリが少し動く事と音が鳴る事は、魚へのアピールもかなり異なったものとなるでしょう。そういった事へも意識を外さない為に、ここにこのルアーをピックアップしました。



5選シンキングペンシルのリンクまとめ 
  1. シマノ ルアー オシア ペンシル 115XS PB-315N 06T スケナゴ」 
  2. JUMPRIZE(ジャンプライズ) ルアー ぶっ飛び君95S #12背黒メッキ」 
  3. JUMPRIZE(ジャンプライズ) ルアー かっ飛び棒130BR #10リアルイワシ」 
  4. シマノ オシア サーディンボール 140HS AR-C OT141L (32T/アルミキビナゴ)」 
  5. タックルハウス ルアー コンタクト・ブリットSW CBP120SW №7 イワシ」 

こちらの記事も是非参考にしてみて下さい。
おすすめロッド。   
ルアー重量の幅広く使えるロッドがおすすめです。
ダイワ ロッド ジグキャスター MX 106MH」 
ダイワ ロッド ショアスパルタン 100H
でも重いルアーそして大型の青物しか狙わないのであればゴツいのを…
ヤマガブランクス 2017年 NEWブルースナイパー100MH BlueSniper 100MH

おすすめリール。  
せめて4000番(ダイワ)の大きさは欲しいところです。
そして釣り人本人の集中力や体力を切らせない為にも軽め、でも相手が大物になる事も可能性大なのでタフなものを。 
ダイワ リール 16 ブラスト 4000H」 
ダイワ リール 16 セルテート HD 4000SH」  
ダイワ リール 16 キャタリナ 4000H」 
ダイワ(Daiwa) リール 17ソルティガ BJ スピニングモデル 4000SH」 

おすすめPEライン。  
太さは2号〜4号を選びたいです。 
僕にとっては2.5号をレギュラーに思っていますが、より飛距離を出すなら2号です。でも2号より細いのはおすすめしません。 
3号、4号は大型の魚が居るのが判断出来る時に予備スプール等に巻いておく様な使い方を僕は意識しています。 
そして太くても4号でしょうかね。5号とかになると重量のあるルアーでないと飛ばせなくなるでしょう。
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号」  
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2.5号」 
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 3号/50lb」 
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 4号/60lb」 

おすすめリーダー。  
レギュラーは12号。魚が居ると判断出来た場合は18号くらいまでを想定しています。   
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 49lb 12号」 
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 57lb 14号」 
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 68lb 18号」   

おすすめルアー結束。  
頻繁にルアーチェンジするならスナップ。  
ヤマリア(YAMARIA) ファイターズ スナップ #2」  
確実にモノにするならリング系。  
シャウト! 74-PR プレスリング 5」  
シャウト! 74-PR プレスリング 6」    
Dohitomi(土肥富) odz OS-06ハイパープレスリング SW 5」 
Dohitomi(土肥富) odz OS-06 ハイパープレスリングSW 6」    

ランディングネットも是非。  
ダイワ 玉の柄 ランディングポール2 60」  
ルナヒサノ 玉網 ステン玉枠セット 網付 60」  
昌栄 フレックスアーム VerII チタンカラー No.755-3

魚を持ち帰るならギャフもありに思います。
ダイワ S−038 スーパーギャフ
参考記事「メータークラスの大型魚のランディングにとダイワのスーパーギャフを選んで良かった3つの点。」 

  


栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム