移住計画による九州北部方面の現地偵察、での合間の釣りにて釣ったアカハタ…
参考記事「[釣果速報]九州北部で初のキャッチのアカハタ!(2017年7月中旬)
そのアカハタはジップ系の袋に入れ発泡箱と氷でキープしてました。



そして、
手持ちで飛行機利用で持ち帰る事に!
大きな魚が釣れていたら、冷蔵タイプの宅配で送るつもりでしたが、アカハタ1尾だけだったので、手持ちで持ち帰る事にしました。それで、アカハタ(ジップ系の袋に入ってます)は氷を入れた保冷袋に移し、発泡箱は空港に行く前に処分しました。(レンタカー屋にどうにかお願いして)
機内に持ち込めるの荷物は2つ、なので持ち込み荷物はバックパックと、アカハタの入った保冷袋はトートバックに入れ、その2つで。スーツケースは預けました。
IMG_5377
↑のトートバッグにアカハタ入ってます。
因みに、生ものとか氷とかを機内に持ち込めるか聞いたら、問題ないとの事でした。このアカハタ、金属探知機を通過したんですよね?どんな風に映ったのでしょうか(笑)



そして運ぶ事7時間以上…
運搬完了!
福岡空港(12時半過ぎ)〜成田空港(14時半過ぎ)〜足利市駅(19時過ぎ)〜自宅。
途中電車を間違えたりしたのもあり、結構時間がかかってしまいましたが、保冷袋の中の氷も残っていたので、アカハタは冷たいまま持ち帰る事が出来ました。
出来るもんですね〜。
(持ち運び終えたアカハタの写真、撮り忘れました…)


アカハタは美味しく頂きました!
アクアパッツァ風で。
ニンニク風味を移したオリーブオイルで両面を焼き…(ちょっと焼きが甘かったですが)
IMG_5406
アサリとトマトを入れて白ワインで煮ました。(ここでオリーブも入れておくともっと美味いのですが無かったので無しで…)
IMG_5409

美味い!
IMG_5411
IMG_5412
ちょっと、水を入れても良かったかもです。



残りの汁も最後まで…
残りの汁も最後までちゃんと使おうと、その汁と少し白ワインを加えてトマトを煮ました。
IMG_5413
IMG_5415
これまた美味いです。充分ご飯のオカズになります。



保冷袋で持ち帰るの、勉強になりました。気を使ったり、氷代がかかったりと、何かと手間がかかります。まぁ、移動時間が短かったり、冬ならありかもしれませんが、暑い夏は結構な魚でない限りおすすめ出来ないかもです。今回僕は、美味いアカハタに癒されましたけどね。
九州アカハタ、ご馳走さまでした!



釣りキチ隆の飛行機利用での遠征釣行タックル   

ヒラスズキ&青物&フラットフィッシュ&ロックフィッシュ狙い  
ロッド:     
アルファタックル(alpha tackle) ロッド TRGR TIP・TOP S906H」    
リール:     
ダイワ(Daiwa) 14 キャタリナ 4000H」       
PEライン:     
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号」  
よつあみ(YGK) G-soul SPジグマンX8 300m45Lb(2.5)」    
リーダー:     
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー グランドマックスショックリーダー30m 24lb 5号」  
サンライン(SUNLINE) ライン SaltWater Special ポケットショックリーダー FC 20m 10号」   
クレハ(KUREHA) シーガー プレミアムマックスショックリーダー 50m 12号 クリアー」       
プレスリング:     
シャウト! 74-PR プレスリング 5」 
シャウト! 74-PR プレスリング 6」     
スプリットリング:     
Dohitomi(土肥富) odz OS-06ハイパープレスリング SW 5」  
odz OS-06 ハイパープレスリングSW 6」  
スナップ:   
ヤマリア(YAMARIA) ファイターズ スナップ #2」   


飛行機利用おすすめバッグ



栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム