釣りキチ隆の視点

四六時中釣りをする事が出来れば それはすべての時間を楽しめる方程式となる by 栗原 隆

カテゴリ:タックル編

1日1バイトで終わる事も珍しくないヒラスズキ釣り。その1バイトまで導くのはルアーが左右しているかもしれません。が、その1バイトをものにするのは紛れもなく、フックです。ただ太く強いだけでも刺さりが悪かったら釣れる確率を下げてしまします。また刺さりが良くても太す ...

アジングの面白いところ。アジはアクセスしやすい漁港にも居て手軽に釣ることも出来る。小さいサイズでも美味しく食べられる。小さくても刺身で美味いって優秀!数釣りするのも価値を感じれ(美味しいから)、面白い。大きいのは50cmクラスも居て記録を求めるのも面白い。居 ...

ヒラスズキ狙いでのロッド選びで僕が思う7つの事。長さは10ftは欲しいところ。サーフならば短くても対処出来る事が考えられるが、磯の場合は長さがないとルアー操作がしづらい状況が多い。僕としてはキャスト時にリーダーを長めにとったりもするの、11ftが投げやすく丁度良い ...

ロックフィッシュ(根魚)釣りの良いところ。釣って楽しく、食べて美味しい事の多い根魚(ロックフィッシュ)。釣りとしてはなかなか渋い事の多い、真っ昼間でも釣れる事も多いので、是非ともターゲットとして捉えておきたい魚です。僕自身、海でのルアー釣りといえば、青物 ...

鬼のフッキング、鬼アワせ、高速ゴリ巻き…手や腕どころか、腰や足まで使っての魚とのやりとり…そんな大きな1尾を是非とも釣り上げたいものです。やはりそこで外せないものの1つは強靭なロッドです。僕がロッド選びでまず気にするのは、長さ、ロッドの重量、ルアーウェイト ...

使用PEライン、細くて0.2号→0.15号に変更しました(2017/6/4)今記事では、僕にとっての初めてのアジングのエピソード、感じたアジングの特性、特性から思う事、それらから選びたいロッドをピックアップ、etc…、という様に進めます。僕にとっての初アジング、ロッドでそん ...

ショアから青物狙いでのルアー釣り、使うルアーとして、メタルジグと並んで出てくるのが、ペンシルタイプのルアーではないでしょうか。 今回はそのペンシルの中で、シンキングペンシルに的を絞ってまとめてみます。 ショアからの青物狙いで使うシンキ ...

メタルジグの重さ、40g〜80gの所感。 40gだと、強風に結構左右される時がある。 45gってよく見かけるけど、やはりその重さでは風に左右される感じがある。 50gって、生産しているメーカーが少ない。 60g、◯。 70gって、生産しているメーカーを見た事が ...

釣具大手メーカー、シマノ(http://fishing.shimano.co.jp)のルアーをチェックしてたら、青物ルアープラグがすごかった…、知らなくてすみませんでした級でした。なので、僕は気になるものズバッと購入しちゃいました。因みに今記事でピックアップするルアー、カラーは違え ...

潮の流れもガンガン当たる事の多い離島。岸の目の前がドン深なところも少なくはない。故に、大型の魚も回遊する可能性が高いところに思われます。また離島なら、釣り人の出入りも、本島よりは少ない場所も多いでしょう。これはスレた魚も少ないであろうと言えるのではないで ...

使用ルアーは大型が有効か。 僕が初めて八丈島に行った時、同行メンバーがサビキ釣りでムロアジを数多く釣っていました。サイズは20〜30cmというところだったでしょうか。で、周りを見れば、地元の釣り師達はそのムロアジを餌に泳がせて大型の青物を狙っていました。 一方ル ...

広大な海を目の前に思う事。せっかく訪れた釣り場で、魚がいるかもしれない遠く離れた遥か沖、チェックせずに帰るのはもったいない…遠く離れた沖なら、他の釣り人にもチェックされている回数もの少なく、魚もスレている可能性も低いのではないか…そんな思いに応えてくれる ...

ルアーマンで釣具、と言えば、やはりルアーが多くなると思いますが、ここではルアーは除いたものをピックアップしたいと思います。2015年買ってよかった釣具6品1:カメラは釣具です!釣り場でも家でも絶好調!「OLYMPUS TG-4」釣った魚の撮影はほぼ、これで撮ってまし ...

ブン!っと遠くまで投げて巻いてくるだけがルアー釣りではありません。ポトン、と遠くまで沈めて巻いてくるのもルアー釣りです。ブン!っと遠くまでキャストして水面に対して大体平行にルアーを巻いてくるのが「横の釣り」だとしたら、「縦の釣り」は水面から底まで、水面に ...

シーバスロッド選びで「シーバス釣り初心者卒業にメジャークラフト「クロステージ」!場所スタイル別おすすめ5選!」という記事を書きましたが、今回はそのショア青物版です。ショア青物釣り初心者卒業にメジャークラフト「クロステージ」!場所別おすすめ5選!1:堤防と ...

2番目に買ったシーバスロッドはメジャークラフト「クロステージ」でした。僕がシーバスロッドとして買ったロッドは3000円くらいのものでした。そしてその3000円のロッドの次に買ったロッドがこれでした。↓僕は現在もウェーディングや、湖でのショアルアートラウト ...

新たなスタンダードを。ソルトルアーでは主に使うであろうミノーやペンシルやバイブ、メタルジグ。 でも何故、フレッシュウォーターでは定番のスプーンの姿がそこにないのでしょう。スプーンはミノーやペンシルやバイブ、どれにも似つかない動きをスプーンは持っていると思い ...

メタルジグなら100mを超える飛距離を出せる釣り師も多いのではないでしょうか。 僕でも60gくらいのメタルジグを使えば、横や向かい風でなければ100mは飛ばせると思います。でも、僕が現在ショアで使っているPEラインの長さって「150m」なのです。 でも、その「1 ...


栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


アウトドア&スポーツ ナチュラム
                     

↑このページのトップヘ