釣りキチ隆の視点

四六時中釣りをする事が出来れば それはすべての時間を楽しめる方程式となる by 栗原 隆

カテゴリ:おすすめ◯選!

2番目に買ったシーバスロッドはメジャークラフト「クロステージ」でした。僕がシーバスロッドとして買ったロッドは3000円くらいのものでした。そしてその3000円のロッドの次に買ったロッドがこれでした。↓僕は現在もウェーディングや、湖でのショアルアートラウト ...

新たなスタンダードを。ソルトルアーでは主に使うであろうミノーやペンシルやバイブ、メタルジグ。 でも何故、フレッシュウォーターでは定番のスプーンの姿がそこにないのでしょう。スプーンはミノーやペンシルやバイブ、どれにも似つかない動きをスプーンは持っていると思い ...

メタルジグなら100mを超える飛距離を出せる釣り師も多いのではないでしょうか。 僕でも60gくらいのメタルジグを使えば、横や向かい風でなければ100mは飛ばせると思います。でも、僕が現在ショアで使っているPEラインの長さって「150m」なのです。 でも、その「1 ...

数匹釣ったらとりあえず交換!バラシが続いたらとりあえず交換!そんな事をしている釣り人もいるくらいです。数匹で交換、これは極端かもしれませんが、数匹も釣れば目や手では判断出来ない何かしら事がフックに起きていると思われます。それがヒットに持ち込めない、もしく ...

「PEライン0.6号」の事に関しては色々書いてきました。「シーバス釣りでのPEライン選び。ルアー飛距離を抜群に出せる「PEライン0.6号」の使用の際に設けている2つの条件。」「強烈に飛ばせるPEラインとプラグの組み合わせ。「PEライン0.6号」X「ぶっ飛び君95S」」「 ...

僕は「PEライン0.6号150m」を使うなら、ダイワのセルテート2506Hに巻いて使っています。(参考記事)「「下巻きなし」は楽ですね。(スピニングリール)」2506Hには、「Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号 13.9lb 150m ライムグリーン 」 を下巻 ...

シーバス&青物ルアー釣りではPEラインの長さは150mがスタンダード。僕がソルトルアーは始めた頃は、リールに巻くPEラインはどのくらいの長さがいいんだろうと思っていた時期もありました。それで、僕は何気に使っていた150mなのですが、未だに僕は150mに落ち着いて ...

上級なロッドを持つ事、それは管理釣り場(エリア)ならではの楽しみ。ソルトフィッシング等の地磯やウェーディングでの釣りは足場が悪かったりととても悪条件が揃う事が多く考えられると思います。そしてそんなところに高価なタックルを持って行く事はなかなか気が引けてし ...

シングルフックの利点、パワーファイトとトラブルレス。このシングルフックに交換する利点としては、なんといってもパワーファイトにあると僕は思っています。トレブルフックよりは明らかにフックの軸が太いと思いますし。でも僕はまだこのシングルフックで魚を掛けた事は無 ...

遠征釣行で飛行機を利用するなら絶対必要アイテムです。釣具の中で、一番の長さを持つのはやはりロッド(竿)ですよね。そしてロッドは釣りでは要なもの。でもその長さ故に持ち運びが困難に思う時もあるでしょう。特に飛行機を利用しての移動なんて。ロッドなんて釣りでは要 ...


栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


アウトドア&スポーツ ナチュラム
                     

↑このページのトップヘ